橘玲 著書一覧

単著

小説

マネーロンダリング』(幻冬舎、2002)

 

『永遠の旅行者』(幻冬舎、2005)

 

『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋、2007)

 

『亜玖夢博士のマインドサイエンス入門』(文藝春秋、2010)

 

タックスヘイヴン』(幻冬舎、2014)

 

『ダブルマリッジ』(文藝春秋、2017)

 

小説以外

『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』幻冬舎、2002

改題『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ』幻冬舎、2014

改題『新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ』、2017

 

『得する生活–お金持ちになる人の考え方』幻冬舎、2003

 

雨の降る日曜は幸福について考えよう幻冬舎、2004

改題『知的幸福の技術—自由な人生のための40の物語』、2009

 

『臆病者のための株入門』(文春新書、2006)

 

『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 : the traveling millionaire』(ダイヤモンド社、2008)

 

『貧乏はお金持ち—「雇われない生き方」で格差社会を逆転する』講談社、2009

 

『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』幻冬舎、2010

 

『大震災の後で人生について語るということ』講談社、2011

改題『日本人というリスク』〈講談社+α文庫〉、2013年。

 

『(日本人)』幻冬舎、2012

 

『臆病者のための裁判入門』〈文春新書〉、2012

 

『不愉快なことには理由がある』集英社、2012

 

『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』ダイヤモンド社、2013

改題『国家破産はこわくない』〈講談社+α文庫〉、2018

 

『臆病者のための億万長者入門』〈文春新書〉、2014

 

『バカが多いのには理由(ワケ)がある』集英社 、2014

 

橘玲の中国私論—世界投資見聞録』ダイヤモンド社、2015

改題言ってはいけない中国の真実』〈新潮文庫〉、2018

 

『「読まなくてもいい本」の読書案内 : 知の最前線を5日間で探検する』筑摩書房、2015

 

言ってはいけない—残酷すぎる真実』〈新潮新書〉、2016

 

『「リベラル」がうさんくさいのには理由がある』集英社、2016

 

『幸福の「資本」論—あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」』(ダイヤモンド社、2017)

 

『専業主婦は2億円損をする』マガジンハウス、2017

改題『2億円と専業主婦』マガジンハウス、2019

 

『80's エイティーズ—ある80年代の物語』太田出版、2018

 

『朝日ぎらい—よりよい世界のためのリベラル進化論』〈朝日新書〉、2018

 

『もっと言ってはいけない』新潮社〈新潮新書〉、2019

 

『人生は攻略できる』ポプラ社、2019

 

『働き方2.0vs4.0 不条理な会社人生から自由になれる』PHP研究所、2019

 

『事実 vs 本能 目を背けたいファクトにも理由がある』集英社、2019

 

『上級国民/下級国民』小学館小学館新書〉、2019

 

上級国民/下級国民(小学館新書)

新品価格
¥902から
(2021/1/24 22:43時点)

『女と男 なぜわかりあえないのか』文藝春秋〈文春新書〉、2020